ほくろ除去治療の流れを覚えておこう

綺麗な顔に

治療を考えているなら

ほくろを取り除きたいと考えている方は、治療の流れについて覚えておきましょう。流れさえ覚えておけば、スムーズに治療を受けることができます。また、治療後のケアについても調べておきましょう。

治療の流れ

診察と相談

大阪では、治療を行う前に診察を行ないます。ほくろの状態によって適切な治療方法が変わってくるからです。また、治療方法に対して希望があるなら、初めて内でしっかりと相談しておくことが大切です。

麻酔をかける

施術前に、局部麻酔を打ちまず。痛みに不安がある方でも安心して施術が受けられるようになります。細い針を使用するので、注射自体の痛みも殆どありません。基本的に麻酔が切れてから痛みが発生することもないでしょう。

ほくろを除去

様々な方法でほくろを取り除くでしょう。最近ではレーザーによる治療が主流です。ほくろの数によって治療の時間も変わってきます。一般的にレーザー治療なら、ほくろ一つ除去するのに5分程かかるでしょう。

患部を保護

ほくろ除去が終わったら、患部を保護します。一般的に塗り薬を使用するでしょう。塗り薬を塗った後に、テープで保護します。こうすることで、ほくろの跡を綺麗に消すことができるのです。

料金の支払い

一般的に大阪では、治療後に料金を支払います。事前にお金を用意しておくと良いでしょう。また、治療前に料金についてはしっかりと相談しておきます。特に、追加料金について確認しておくと安心でしょう。

アフターケア

ウーマン

紫外線に注意

ほくろ除去治療を行った後は、紫外線に注意しておきましょう。患部はとてもデリケートな状態となっているので、刺激にとても弱いのです。特に、紫外線を浴びてしまうと、しみになりやすいので気を付けましょう。

水に気を付ける

基本的にレーザー治療を行った直後は、患部に水を当てないようにします。患部が腫れてしまったりするからです。施術してから2日から3日程で洗顔や入浴が可能になるでしょう。

メイクに気を付ける

殆どの場合、レーザー治療を行った後にメイクをすることは可能です。ただ、ベースメイクは避けるようにしましょう。ポイントメイクなら問題ないとされています。ほくろの場所によって変わってくるでしょう。

アイテムを使う

テープや塗り薬などを利用してアフターケアを行ないます。メラニンの生成を抑えることができるでしょう。肌のバリア機能を補う必要があるのです。また、仕上がりも綺麗になります。

広告募集中